ワキガ対策

ワキガがつらいです。。。 中3ごろから私はワキガだと言うことに自分で気づきました。
脇から変な匂いがするなあと。調べていくうちにワキガだと分かりました。
それから調べてデオドラントを毎日塗ったらほんとに匂いが消え失せました。
でもたまに忘れていく日があってマジで朝から絶望です、、
ワキガ手術って未成年でもお金があればできるんですか?
今年19歳になったおんなです!!!
親には恥ずかしくていってません!
ただたまに臭うので親からの遺伝で、あと妹はもう完全にワキガです。自分で気づいてるかは知りませんが。
姉(結婚してる)はわかりませんが、この前部屋にデオドラントを置いてたら「これ使ってるんだ!私も使ってるよ!いいよね」と言われました
ワキガの悩み、凄く分かります。
私も高校生の頃、仲の良い友人にワキガである事を知らされ、以来ワキガに悩まされてきました。(29歳♂です)
‥悩まされたといっても、誰かに指摘されたりするわけではなく、今臭っているかもとゆう恐怖心に煽られるようになってしまいました。
現在は極力汗をかく行動を控え、デオドラント剤で発汗・臭い対策をしています。
毎日対策をしているためか、仕事疲れで入浴せずに就寝し、寝汗を多くかいた場合等に限り、自身のワキガの臭いを認識できるようになりました。
衣類の脇部分も滅多に黄色くならないため、恐らく軽度だと自分では認識しています。
(1年ほど使用しているワイシャツの脇部分もきちんと白いままです)
ですが、ワキガは自分で臭いを認識できない方が多いと聞きます。
実は私も普段から周りが認識できるレベルのワキガ臭がしているのではないかと、正直心配です。
‥こればっかりは本人だけでは確証を得られないと思います。
なので、もし恥ずかしいとゆう理由だけであれば、勇気を持って家族か友人に臭いのレベルを確認してみてはどうでしょうか。
自身のワキガが本当に軽度で、デオドラント剤未使用+汗を多くかいた場合に限り少しのワキガ臭がするぐらいであれば正直そこまで気にしなくて良いと思います。
私は教えてくれた友人とも家族とも疎遠になってしまい、今では気軽に打ち明けられる知人がいなくなってしまったため、現在も汗と臭いに敏感‥とゆうより怯えてます。
◆軽度ならあまり気にし過ぎない方がいいと思うよ。
ワキガは元々異性を惹き付けるフェロモンです。
貴女の匂いを魅力的だと感じている異性は案外多いと思います。
是非そのままで、貴女の個性を大事にしてください。
◆抜粋
ワキガとは、わきから特有のニオイを発する状態を指します。ワキガは医学的には腋臭症えきしゅうしょうとも呼ばれ、アポクリン腺という腺組織から発せられる汗を原因として発症します。
主に思春期頃から認めるようになりますが、日本を含めアジア地域ではワキガの方は少なく、だからこそワキガのニオイに悩む方の割合は多いと考えられています。
ワキガの治療には、外用薬や手術療法があります。自身の自覚症状や客観的に評価したニオイの程度などを総合的に判断し、治療方針を決定することになります。
原因
汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。このうち、ワキガの発生に深く関与しているのはアポクリン腺です。アポクリン腺は、腋下や外陰部、外耳道(耳の中)など、限られた部位に分布する組織であり、有機物を含む汗を分泌します。
アポクリン腺から分泌される汗は、体外へと排出された時点ではほぼ無臭ですが、皮膚の常在菌(細菌)によって、汗に含まれる有機物が分解されることでニオイを生じるようになり、腋臭症えきしゅうしょう(ワキガ)を発症することになります。
ワキガが発生するかどうかは、耳垢みみあかの質が深く関与しています。耳垢には、湿っている「湿性耳垢」と、乾いてカサカサとしている「乾性耳垢」があります。このうち、前者の湿性耳垢の方においてワキガを認める可能性があります。
ワキガになる可能性があるかどうかは、ABCC11という遺伝子により決定されます。ワキガを発生するタイプの遺伝子を有する方は、日本を含めアジアでは少ないです。
症状
ワキガを病気として捉えるかは、本人がニオイを気にしているかどうかが重要となります。同じ程度のニオイであっても、本人が気にしていないようであれば病気としての治療対象にはなりません。
ワキガで生じるニオイには個人差があります。ニオイの感覚には主観的な要素も多いため、一律に表現することが難しい面もありますが、しばしば「すっぱいニオイ」や「濡れ雑巾のようなニオイ」と表現されることもあります。
検査・診断
何をもって腋臭症とするのか国際的に定められた診断基準は存在しません。そのため、治療をするかどうかを決めるための診察では「本人がニオイを気にしているか」という部分が重要な要素となります。
本人の自覚症状を評価し、同時に、ニオイに対する他人からの評価が一致しているかどうかを確認することも大切な観点です。
ワキガの診断では、ガーゼを脇にはさみニオイを調べるという検査を行います。腋下に1分間ガーゼを挟み、ガーゼのニオイを調べます。ニオイを客観的に評価する検査になるため、検査の前には制汗剤や芳香剤、消臭剤など、ニオイを覆ってしまうものを使用することを避ける必要があります。
治療
ワキガは、本人が気にしていないようであれば、治療対象にはなりません。また、客観的にはニオイがないにもかかわらず、本人が過度にニオイを気にする場合があります。この場合においても、ワキガとしての治療対象にはなりません。
ワキガの治療法には、主に以下のようなものがあります。
制汗剤や外用薬(塗り薬)の使用
内服薬
手術治療
治療方針は、ニオイの程度に応じて決定されることになります。たとえば、ニオイの程度が軽度であれば制汗剤の使用などから開始します。ワキガの発生には、細菌感染が重要な役割を果たしているため、細菌増殖を抑える消毒液を使用することもあります。
また、抗不安剤などの内服薬、ボトックス(ボツリヌス菌)の局所注射も治療方法として選択されることがあります。この他にも、交感神経遮断術で、交感神経優位(緊張)時に発生する汗を抑える治療方法が行われることもあります。
こうした保存的な治療法で対処できないワキガに対しては、手術が選択されることになります。手術療法としては、皮膚切除術、皮弁法、小切開法といった方法がとられます。
病院に行きな!
◆ワキを切断しろ!それが一番
つまり腕と両足を切断、臭いの元を絶つ(笑)
◆わきが
ワキガ
別名:腋臭症
皮膚
目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。
概要
原因
症状
検査・診断
治療
概要
ワキガとは、わきから特有のニオイを発する状態を指します。ワキガは医学的には腋臭症えきしゅうしょうとも呼ばれ、アポクリン腺という腺組織から発せられる汗を原因として発症します。
主に思春期頃から認めるようになりますが、日本を含めアジア地域ではワキガの方は少なく、だからこそワキガのニオイに悩む方の割合は多いと考えられています。
ワキガの治療には、外用薬や手術療法があります。自身の自覚症状や客観的に評価したニオイの程度などを総合的に判断し、治療方針を決定することになります。
S190x190 6165c725 6967 4328 aab6 2149841742af
ワキガは病院で治療できる! 腋臭症の原因と形成外科での手術法
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪みなと中央病院 院長
細川 亙 先生
原因
汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。このうち、ワキガの発生に深く関与しているのはアポクリン腺です。アポクリン腺は、腋下や外陰部、外耳道(耳の中)など、限られた部位に分布する組織であり、有機物を含む汗を分泌します。
アポクリン腺から分泌される汗は、体外へと排出された時点ではほぼ無臭ですが、皮膚の常在菌(細菌)によって、汗に含まれる有機物が分解されることでニオイを生じるようになり、腋臭症えきしゅうしょう(ワキガ)を発症することになります。
ワキガが発生するかどうかは、耳垢みみあかの質が深く関与しています。耳垢には、湿っている「湿性耳垢」と、乾いてカサカサとしている「乾性耳垢」があります。このうち、前者の湿性耳垢の方においてワキガを認める可能性があります。
ワキガになる可能性があるかどうかは、ABCC11という遺伝子により決定されます。ワキガを発生するタイプの遺伝子を有する方は、日本を含めアジアでは少ないです。
症状
ワキガを病気として捉えるかは、本人がニオイを気にしているかどうかが重要となります。同じ程度のニオイであっても、本人が気にしていないようであれば病気としての治療対象にはなりません。
ワキガで生じるニオイには個人差があります。ニオイの感覚には主観的な要素も多いため、一律に表現することが難しい面もありますが、しばしば「すっぱいニオイ」や「濡れ雑巾のようなニオイ」と表現されることもあります。
検査・診断
何をもって腋臭症とするのか国際的に定められた診断基準は存在しません。そのため、治療をするかどうかを決めるための診察では「本人がニオイを気にしているか」という部分が重要な要素となります。
本人の自覚症状を評価し、同時に、ニオイに対する他人からの評価が一致しているかどうかを確認することも大切な観点です。
ワキガの診断では、ガーゼを脇にはさみニオイを調べるという検査を行います。腋下に1分間ガーゼを挟み、ガーゼのニオイを調べます。ニオイを客観的に評価する検査になるため、検査の前には制汗剤や芳香剤、消臭剤など、ニオイを覆ってしまうものを使用することを避ける必要があります。
治療
ワキガは、本人が気にしていないようであれば、治療対象にはなりません。また、客観的にはニオイがないにもかかわらず、本人が過度にニオイを気にする場合があります。この場合においても、ワキガとしての治療対象にはなりません。
ワキガの治療法には、主に以下のようなものがあります。
制汗剤や外用薬(塗り薬)の使用
内服薬
手術治療
治療方針は、ニオイの程度に応じて決定されることになります。たとえば、ニオイの程度が軽度であれば制汗剤の使用などから開始します。ワキガの発生には、細菌感染が重要な役割を果たしているため、細菌増殖を抑える消毒液を使用することもあります。
また、抗不安剤などの内服薬、ボトックス(ボツリヌス菌)の局所注射も治療方法として選択されることがあります。この他にも、交感神経遮断術で、交感神経優位(緊張)時に発生する汗を抑える治療方法が行われることもあります。
こうした保存的な治療法で対処できないワキガに対しては、手術が選択されることになります。手術療法としては、皮膚切除術、皮弁法、小切開法といった方法がとられます。
◆お前の好きなコピペですよ!(笑)
わきが
ワキガ
別名:腋臭症
皮膚
目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。
概要
原因
症状
検査・診断
治療
概要
ワキガとは、わきから特有のニオイを発する状態を指します。ワキガは医学的には腋臭症えきしゅうしょうとも呼ばれ、アポクリン腺という腺組織から発せられる汗を原因として発症します。
主に思春期頃から認めるようになりますが、日本を含めアジア地域ではワキガの方は少なく、だからこそワキガのニオイに悩む方の割合は多いと考えられています。
ワキガの治療には、外用薬や手術療法があります。自身の自覚症状や客観的に評価したニオイの程度などを総合的に判断し、治療方針を決定することになります。
S190x190 6165c725 6967 4328 aab6 2149841742af
ワキガは病院で治療できる! 腋臭症の原因と形成外科での手術法
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪みなと中央病院 院長
細川 亙 先生
原因
汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。このうち、ワキガの発生に深く関与しているのはアポクリン腺です。アポクリン腺は、腋下や外陰部、外耳道(耳の中)など、限られた部位に分布する組織であり、有機物を含む汗を分泌します。
アポクリン腺から分泌される汗は、体外へと排出された時点ではほぼ無臭ですが、皮膚の常在菌(細菌)によって、汗に含まれる有機物が分解されることでニオイを生じるようになり、腋臭症えきしゅうしょう(ワキガ)を発症することになります。
ワキガが発生するかどうかは、耳垢みみあかの質が深く関与しています。耳垢には、湿っている「湿性耳垢」と、乾いてカサカサとしている「乾性耳垢」があります。このうち、前者の湿性耳垢の方においてワキガを認める可能性があります。
ワキガになる可能性があるかどうかは、ABCC11という遺伝子により決定されます。ワキガを発生するタイプの遺伝子を有する方は、日本を含めアジアでは少ないです。
症状
ワキガを病気として捉えるかは、本人がニオイを気にしているかどうかが重要となります。同じ程度のニオイであっても、本人が気にしていないようであれば病気としての治療対象にはなりません。
ワキガで生じるニオイには個人差があります。ニオイの感覚には主観的な要素も多いため、一律に表現することが難しい面もありますが、しばしば「すっぱいニオイ」や「濡れ雑巾のようなニオイ」と表現されることもあります。
検査・診断
何をもって腋臭症とするのか国際的に定められた診断基準は存在しません。そのため、治療をするかどうかを決めるための診察では「本人がニオイを気にしているか」という部分が重要な要素となります。
本人の自覚症状を評価し、同時に、ニオイに対する他人からの評価が一致しているかどうかを確認することも大切な観点です。
ワキガの診断では、ガーゼを脇にはさみニオイを調べるという検査を行います。腋下に1分間ガーゼを挟み、ガーゼのニオイを調べます。ニオイを客観的に評価する検査になるため、検査の前には制汗剤や芳香剤、消臭剤など、ニオイを覆ってしまうものを使用することを避ける必要があります。
治療
ワキガは、本人が気にしていないようであれば、治療対象にはなりません。また、客観的にはニオイがないにもかかわらず、本人が過度にニオイを気にする場合があります。この場合においても、ワキガとしての治療対象にはなりません。
ワキガの治療法には、主に以下のようなものがあります。
制汗剤や外用薬(塗り薬)の使用
内服薬
手術治療
治療方針は、ニオイの程度に応じて決定されることになります。たとえば、ニオイの程度が軽度であれば制汗剤の使用などから開始します。ワキガの発生には、細菌感染が重要な役割を果たしているため、細菌増殖を抑える消毒液を使用することもあります。
また、抗不安剤などの内服薬、ボトックス(ボツリヌス菌)の局所注射も治療方法として選択されることがあります。この他にも、交感神経遮断術で、交感神経優位(緊張)時に発生する汗を抑える治療方法が行われることもあります。
こうした保存的な治療法で対処できないワキガに対しては、手術が選択されることになります。手術療法としては、皮膚切除術、皮弁法、小切開法といった方法がとられます。